好きな作曲家

2018年1月23日(火) 02:00ひとりごと, 適当, 音楽Johnny Mandel, 映画, 雑談

の一人に「Johnny Mandel」という人がいます。

今ではジャズのスタンダードにもなっている「The Shadow of your Smile(いそしぎ)」を書いた人ですね。

僕もリーダーのカルテットでは必ず1〜2曲取り入れて演奏させてもらってます。

「Emily」「Close Enough for Love」「The Shining Sea」「Where do you Start」
など、、、

この人の書くメロディーは、なんか頭に残りやすいのが多いです。

で、もっと他に曲は無いのかな?と探していたら見つけました。

アメリカの古い映画「MASH」の主題歌で「Suicide is Painless」
日本語訳で「自殺は苦痛ではない」となってました。

どんな映画かはwikipediaを参照してください。

タイトルはへんてこですが(笑)、メロディーは素晴らしい!

ってことで

良い曲ですよねっ?

こちらが原曲「Suicide is Painless」(You Tubeに飛びます
、ブログには貼付けれないみたいです。)
 

Bill Evansがカバーしてました。
めちゃめちゃカッコいいな〜、これ。

 
あ、映画見ましたけど、全然重たい映画じゃないです。
レンタル屋ではコメディの場所に置いてます(笑)

 
 
そしてこの時期にぴったりの曲
Johnny Mandelのクリスマスソング
A Christmas Love Song」(これもYou Tubeに飛びます。)

これもいいですよね〜?

この動画に出てる女優さんがとてもかわいらしいのです。
おはり。

2018年1月23日(火) 02:00ひとりごと, 適当, 音楽Johnny Mandel, 映画, 雑談

Posted by s.s